Comprendre

Le Corbusier

アジール・フロッタンに出会う

オステルリッツ高架橋の上流から見る(2017)

アジール・フロッタンはセーヌ川に復活し、オステルリッツ高架橋の袂に浮いている。

写真 A.jpg
01

パースの位置(1929)

アジール・フロッタンのパースは、ポン・デ・ザールを背にセーヌ右岸から上流を見る視点となっている。右には造幣局、 左正面にはポン・ヌフ、はるか上流にはノートルダム 大聖堂の尖塔を望んでいる。

パース下書き ルーブル宮殿前前川國男作図の下書き、日本語のメモが読み取れる/1929-10-13/53cm×111cm

02

初期の係留場所 / ルーヴル宮殿岸辺(1929)

フランス学士院のドームが正面にある、パースの位置とほぼあっている。
計画段階からこの場所に係留される計画で、そのとおり実現されたことに驚かされる。

ブリッジからエントランスをみる(1929)

03

工事現場 / オステルリッツ橋の下(1929)

石炭船運搬リエージュ号のリノベーションは、セー ヌ川に浮かんだまま、アーチ橋の直下で行われた。ルイーズ・カトリーヌ号が生まれた場所。

リノベーション中の工事写真(1929)

04

新たな係留場所 / オステルリッツ係留場

1960年ころから現在のオステルリッツ高架橋の下流に移動している。リノベーション工事が行われた場所の真向かいとなっている。今日、周辺には多くのボートハウスがある。

オステルリッツ橋の上、左岸から見る(2020)

05

ル・コルビュジエが住んだところ / ジャコブ通り20 番地(1917-1933)

コルビュジエは、女性作家のナタリー・バーネイが開いたサロンがあるアパルトマンに住んでいた。1930年、コルビュジエは妻イヴォンヌと結婚、前川國男がパリにいた期間この場所で暮らしていたが、同時代E-1027をデザインしたアイリーン・グレイも近くに住んでいた。

コルビュジエ

主体:一般社団法人 日本建築設計学会

協力:公益財団法人 国際文化会館

   ARCHITECTS STUDIO JAPAN INC.

   ル・コルビュジエ財団

   前田博(2020.10 浮上写真)

   古賀順子(写真)

   遠藤秀平建築研究所(写真)

   神戸大学遠藤研究室(2019~2023 アニメーション)

資料提供:畑陽子(2008/2010 映像)

     菱川勢一(2019 映像)

     Nicolas Brasseur(2020 映像)

     スターリン・エルメンドルフ(2017 写真)

     © ル・コルビュジエ財団

     前川建築設計事務所

MENU

  • Facebook
  • Twitterの - 灰色の円
  • YouTube

© Asileflottant Regeneration Committee. All Rights Reserved.