02.29.2020

Two piers donated from Japan were completed.

Introduction

Few people know that Le Corbusier designed "Asile Flottant" (a floating shelter) that can be said as a floating architecture at the request of the World Salvation Army. "Asile Flottant" was completed in 1929 for the purpose of accommodating women refugees who were in Paris city due to the turmoil of World War I. Le Corbusier implemented an ideal inner space as a modern architecture by adding pillars, a roof and horizontal windows to the state of only a concrete box-shaped hull. Then, it is still floating on the left bank of the River Seine 1 km upstream from Notre Dame Cathedral. As a result of aging, it lost the function as a building in the beginning of this century; but five volunteers including Mr. Michel Cantal-Dupart have been carring out the restoration work from 2005. This autumn a pier donated by Japan will be set up, it will be restored as a functional building from 2018 again. On this occation, we will introduce Asile Flottant, based on materials at the time of completion provided by Foundation Le Corbusier and present photos and images. This exhibition also cooperates with the "Asile Flottant JAPAN ARCHITECT Exhibition" introducing contemporary Japanese architects to be held inside the Asile Flottant in the coming autumn.

 

NEWS

19.11.18

アジール・フロッタン へ日本から寄贈する2つの桟橋が完成しました。
寄贈はステンレス加工会社のアロイから行われます。年内に門司港を出発し、来年2月にパリに到着予定です。

19.5.10

潜水調査が終わりました。

19.11.11

浮上工事会社が決まりました。 後はフランスの監督官庁の許可を待ち、いよいよ 浮上工事の準備に入ります。

2020.02.01 | INFORMATION

クラスについて詳細を入力してください。テキスト、画像、リンクなどのコンテンツを追加するか、Wix Code のコレクションと接続してください。

19.5.18

2019 年5 月31 日 アジール・フロッタン復活イベ ントが開催されます。

2020.02.01 | INFORMATION

クラスについて詳細を入力してください。テキスト、画像、リンクなどのコンテンツを追加するか、Wix Code のコレクションと接続してください。

 

Understand

1917

石炭船リエージュ号

アジール・フロッタン へ日本から寄贈する2つの桟橋が完成しました。寄贈はステンレス加工会社のアロイから行われます。年内に門司港を出発し、来年

アジール・フロッタン へ日本から寄贈する2つの桟橋が完成しました。寄贈はステンレス加工会社のアロイから行われます。年内に門司港を出発し、来年

アジール・フロッタン へ日本から寄贈する2つの桟橋が完成しました。寄贈はステンレス加工会社のアロイから行われます。年内に門司港を出発し、来年

アジール・フロッタン へ日本から寄贈する2つの桟橋が完成しました。寄贈はステンレス加工会社のアロイから行われます。年内に門司港を出発し、来年

もっと知りたい

ル・コルビュジェとは?

クラスについて詳細を入力してください。テキスト、画像、リンクなどのコンテンツを追加するか、Wix Code のコレクションと接続してください。

人の背景を知る

クラスについて詳細を入力してください。テキスト、画像、リンクなどのコンテンツを追加するか、Wix Code のコレクションと接続してください。

近代建築の5原則とは

クラスについて詳細を入力してください。テキスト、画像、リンクなどのコンテンツを追加するか、Wix Code のコレクションと接続してください。

アジール・フロッタンの立地

クラスについて詳細を入力してください。テキスト、画像、リンクなどのコンテンツを追加するか、Wix Code のコレクションと接続してください。

 

Experience

1995〜2018年までのアジール・フロッタン

(仮)1929 年に竣工したル・コルビュジエ設計の難民収容船「アジールフロッタン」は、近年修復が進められてきましたが、2018 年1月からのセーヌ川増水により浸水してしまいました。

パリでは現在その対策を検討し、浮上と再生への努力が行われています。(仮)1929 年に竣工したル・コルビュジエ設計の難民収容船「アジールフロッタン」は、近年修復が進められてきましたが、2018 年1月からのセーヌ川増水により浸水してしまいました。パリでは現在その対策を検討し、浮上と再生への努力が行われています。

 

Donation

(仮)1929 年に竣工したル・コルビュジエ設計の難民収容船「アジールフロッタン」は、近年修復が進められてきましたが、2018 年1月からのセーヌ川増水により浸水してしまいました。

パリでは現在その対策を検討し、浮上と再生への努力が行われています。(仮)1929 年に竣工したル・コルビュジエ設計の難民収容船「アジールフロッタン」は、近年修復が進められてきましたが、2018 年1月からのセーヌ川増水により浸水してしまいました。パリでは現在その対策を検討し、浮上と再生への努力が行われています。

募金概要

(仮)1929 年に竣工したル・コルビュジエ設計の難民収容船「アジールフロッタン」は、近年修復が進められてきましたが、2018 年1月からのセーヌ川増水により浸水してしまいました。

パリでは現在その対策を検討し、浮上と再生への努力が行われています。(仮)1929 年に竣工したル・コルビュジエ設計の難民収容船「アジールフロッタン」は、近年修復が進められてきましたが、2018 年1月からのセーヌ川増水により浸水してしまいました。パリでは現在その対策を検討し、浮上と再生への努力が行われています。

返礼について

(仮)1929 年に竣工したル・コルビュジエ設計の難民収容船「アジールフロッタン」は、近年修復が進められてきましたが、2018 年1月からのセーヌ川増水により浸水してしまいました。

パリでは現在その対策を検討し、浮上と再生への努力が行われています。(仮)1929 年に竣工したル・コルビュジエ設計の難民収容船「アジールフロッタン」は、近年修復が進められてきましたが、2018 年1月からのセーヌ川増水により浸水してしまいました。パリでは現在その対策を検討し、浮上と再生への努力が行われています。

​賛同者の声

(仮)1929 年に竣工したル・コルビュジエ設計の難民収容船「アジールフロッタン」は、近年修復が進められてきましたが、2018 年1月からのセーヌ川増水により浸水してしまいました。

パリでは現在その対策を検討し、浮上と再生への努力が行われています。

税制上の優遇

(仮)1929 年に竣工したル・コルビュジエ設計の難民収容船「アジールフロッタン」は、近年修復が進められてきましたが、2018 年1月からのセーヌ川増水により浸水してしまいました。

パリでは現在その対策を検討し、浮上と再生への努力が行われています。

 

Activities

ル・コルビュジエの船再生実行委員会

ル・コルビュジエの船再生実行委員会は、大阪を拠点に活動する日本建築設計学会が、アジールフロッタン再生事業を支援するためにたちあげた実行委員会です。

アジールフロッタンを日本で紹介する取り組みのほか、様々な支援事業やアジールフロッタンを活用した催しの企画を行っていきます。

2017 ○○展

アジール・フロッタン へ日本から寄贈する2つの桟橋が完成しました。
寄贈はステンレス加工会社のアロイから行われます。年内に門司港を出発し、来年2月にパリに到着予定です。

2018 ○○展

アジール・フロッタン へ日本から寄贈する2つの桟橋が完成しました。

​寄贈はステンレス加工会社のアロイから行われます。年内に門司港を出発し、来年2月にパリに到着予定です。

2017 クラウドファンディング

アジール・フロッタン へ日本から寄贈する2つの桟橋が完成しました。

寄贈はステンレス加工会社のアロイから行われます。年内に門司港を出発し、来年2月にパリに到着予定です。

2019 ○○×○○講演会

アジール・フロッタン へ日本から寄贈する2つの桟橋が完成しました。

​寄贈はステンレス加工会社のアロイから行われます。年内に門司港を出発し、来年2月にパリに到着予定です。

2017トークイベント

アジール・フロッタン へ日本から寄贈する2つの桟橋が完成しました。

寄贈はステンレス加工会社のアロイから行われます。年内に門司港を出発し、来年2月にパリに到着予定です。

2019 桟橋・修復

アジール・フロッタン へ日本から寄贈する2つの桟橋が完成しました。

​寄贈はステンレス加工会社のアロイから行われます。年内に門司港を出発し、来年2月にパリに到着予定です。

主体:一般社団法人 日本建築設計学会

協力:公益財団法人 国際文化会館

   ARCHITECTS STUDIO JAPAN INC.

   ル・コルビュジエ財団

   前田博(2020.10 浮上写真)

   古賀順子(写真)

   遠藤秀平建築研究所(写真)

   神戸大学遠藤研究室(2019~2023 アニメーション)

資料提供:畑陽子(2008/2010 映像)

     菱川勢一(2019 映像)

     Nicolas Brasseur(2020 映像)

     スターリン・エルメンドルフ(2017 写真)

     © ル・コルビュジエ財団

     前川建築設計事務所

MENU

  • Facebook
  • Twitterの - 灰色の円
  • YouTube

© Asileflottant Regeneration Committee. All Rights Reserved.